横浜・神奈川バイオビジネス・ネットワークは、バイオ産業推進のための支援事業とネットワークの強化をおこなっていきます。

横浜・神奈川バイオビジネス・ネットワーク

新着情報

平成25年度第2回バイオビジネス・スタートアップ(3月5日)開催
 事務局からのお知らせ
●事務局
■2014年02月03日
神奈川県と木原財団では、県のライフサイエンス分野振興事業の一環として、県内の有望な研究・技術シーズの事業化促進や連携促進を目的として、大学・研究機関によるプレゼンテーションや参加者との情報交換の場である「バイオビジネス・スタートアップ」を開催します。具体的なテーマを設定し、多様な発表者が登壇する企画です。

次世代シーケンサーの登場で遺伝性疾患の原因究明が進み、医療への活用検討が進みつつあるとともに、新たな治療法開発の取り組みがみられるようになっています。
今回は、「ゲノム解析による疾患の原因究明とその基盤技術」と題し、遺伝的要因の関与が想定される小児の稀少疾患や難病に対する医療やオーダーメード医療への展開に焦点を当てて、ゲノム解析とその周辺技術について紹介いただきます。併せて、産学の連携促進の観点から、経済産業省で計画されている来年度の主要事業を紹介いただく予定です。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。


講演者:
・公立大学法人横浜市立大学大学院医学研究科 遺伝学 教授 松本 直通 氏
 「次世代シーケンサー解析と小児医療」

・地方独立行政法人神奈川県立病院機構 神奈川県立こども医療センター
遺伝科部長 黒澤 健司 氏
 「小児病院における希少疾患遺伝医療とその先のゲノム医療」

・経済産業省 産業技術環境局 大学連携推進課 係長 藤江 稔 氏
 「産学連携の現状と経済産業省の施策について」

・地方独立行政法人神奈川県立病院機構 神奈川県立がんセンター 臨床研究所
 がん分子病態学部 部長 宮城 洋平 氏
 「遺伝子解析技術LH-MSAと超免疫不全マウスでつくるCancer Xenopatients - Clinical Sequence Eraのがん個別化医療platform - 」

・独立行政法人理化学研究所 統合生命医科学研究センター 副センター長(統括) 久保 充明 氏
 「オーダーメイド医療実現化プロジェクトにおける疾患ゲノム解析」

日時:2014年3月5日(水)
13:00〜17:00(名刺交換会 16:30〜)
場所:AP横浜駅西口(横浜駅西口徒歩6分、1階スターバックス)
参加費:無料
参加申し込み:終了しました。
[詳細はこちら]