横浜・神奈川バイオビジネス・ネットワークは、バイオ産業推進のための支援事業とネットワークの強化をおこなっていきます。

横浜・神奈川バイオビジネス・ネットワーク

新着情報

平成27年度横浜市受託事業「先端バイオ関連産業への参入可能性を考える」セミナー(2月25日)開催
 事務局からのお知らせ
●事務局
■2016年01月29日
***終了しました***

医薬品や燃料の製造など、バイオテクノロジーは幅広い産業分野において重要な役割を担っており、今後も再生医療を筆頭として更なる進展及び需要の拡大が見込まれています。
バイオテクノロジーで“モノ”を生み出す本体は、微生物や細胞といった肉眼では見えない生物であるがゆえに、単なるモノづくりを超えた工夫や試行錯誤が必須となっています。
今後益々発展する分野であるがゆえに、必要とする技術・デバイスの開発・供給が間に合っておらず、別分野で活躍している技術の展開可能性を大きく秘めています。 
本セミナーでは、バイオ医薬品・再生医療業界の需要及び市場動向・開発動向を各分野の専門家よりご講演いただき、バイオ関連産業での中小企業の技術展開の可能性と、参入余地について情報提供いたします。
また、主催する木原財団では、他分野技術とバイオ関連技術のマッチングを行っております。
当日会場でエントリーして頂ければ、セミナー後、自社技術の展開可能性についてのヒアリング等に対応いたします。
電気系、光学系、化学系、ソフトウェア系の中小企業様を中心に奮ってご参加をお待ちしております。

【日  時】:2016年2月25日(木) 13:30〜17:00
【会  場】:TKPガーデンシティ横浜カンファレンスルーム4・5
       (各線横浜駅東口より徒歩5分)
       http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gc-yokohama/access/
【プログラム】:開場13:00
13:30〜13:35 開会挨拶・趣旨のご説明(5分)木原財団事業企画部長 増田和成
13:35〜13:40 本セミナーのポイントについてのご説明(5分) 
          木原財団コーディネータ冨田悟
13:40〜13:55 バイオ関連産業の概要(15分) 木原財団 有信大輔
13:55〜14:30 バイオ関連市場の動向と将来展望
         ―バイオ医薬品製造技術市場を例に―
         株式会社BBブリッジ  番場聖 様
14:30〜15:05 国産バイオ関連機器開発に向けた取組みと将来展望
        ―バイオ医薬品製造のためのモノづくり技術―
        次世代バイオ医薬品製造技術研究組合 事務局長 巖倉正寛 様
15:05〜15:15      休憩
15:15〜15:50 細胞品質管理の自動化へ向けた取組みと将来展望
        ―再生医療等製品製造産業に関わる工学技術―
        名古屋大学大学院 創薬科学研究科細胞分子情報学分野 
                       准教授 加藤竜司 様
15:50〜16:25 事例から考えるバイオ関連産業への中小企業の参入可能性(仮題)
        ―京都における再生医療関連ビジネスの取組みを通じて―
        セルラー・ダイナミクス・インターナショナル・ジャパン株式会社
                         早乙女秀雄 様
16:25〜16:40 本セミナーの総括 木原財団コーディネータ冨田悟
16:40〜17:00 アンケート記入・名刺交換会
【定  員】:先着50名
【参加費】:無料
【申込方法】:所属、部署名、お名前、電話番号をご明記の上、
メール若しくはFAXでお申込みください。
       E-mail:gmp@kihara.or.jp  FAX:045-502-9810
【お問合わせ】
(公財)木原記念横浜生命科学振興財団(事業受託者)担当:有信・渡部・本山
TEL: 045-502-4810 E-mail: gmp@kihara.or.jp
[詳細はこちら]